理想の注文住宅とは?自分の家を見詰めよう

理想の注文住宅とはなにか?

家を買うというのは何回もあることではないですし、何と言っても費用がかかります。 注文住宅は自分の希望の間取りですすめていくので建売住宅のようにすでに決まっているものよりは、何度も打ち合わせをして決めていきます。 その中で自分にとって理想とはどういうものかは人それぞれです。注文住宅ですので何を重点にするかを決めていきます。今住んでいる家があれば、住んでいる家の使い勝手の善し悪しを見ながら決めていきます。リビングを今のと比べてどのようにしたらもっと使いやすくなるのか、各部屋に収納を設ける場合どのくらいあるといいのかなど、比べてみて間取りを決めていきます。そのことで今より素敵な家にもなりますし、理想に近づきます。

土地が狭い場合の理想の注文住宅

注文住宅は土地を別で用意する必要があります。その土地が狭い場合理想の家にするには苦労があります。 狭い土地に家を建てる場合少しでも広くみせるようにするのが理想です。いわゆる狭小住宅でよくあるのが、リビングからお風呂や洗面をスムーズにいけれるようにすることです。狭小住宅で廊下を広くとることが難しくなります。その場合リビングから風呂場などを近くすることで限られたスペースでできます。 あとは天井を吹き抜けにするのも広くみせるのによく使われます。天井を高くすることでロフトを作ることもでき、ロフトの大きさにもよりますが部屋として使ったり、収納スペースとしても使えます。狭小住宅このように工夫することによって理想の住宅になります。